企業の経理業務を会計ソフトで楽にしましょう

会計帳簿の作成日もわかる

会計ソフトの中には会計帳簿の作成日がわかるようになっているものもあります。そのためデータの改ざん防止にも繋がりますし、確認も行いやすくなるので便利な機能と話題になっています。

企業に選ばれている会計ソフトのランキング

no.1

経営者に有り難い損益計算書に特化

損益計算書は会社の経営を知る上で重要な経理のデータになります。この計画書の作成が行える会計ソフトは人気があり、人気会計ソフトの中には365日の損益計算を行えるものもあります。

no.2

部門に分けて管理できるソフト

大きな企業であれば会社内に様々な部署があるでしょう。部署や部門に分かれて会計が行えるソフトは需要が高く、様々な企業に導入されています。このソフトによって部門別の売上をきちんと確認することが出来ます。

no.3

業務システムが充実している

販売や在庫、売上などの業務に関する数字を業務システムから読み込み仕訳データに変換する会計ソフトは、操作の手間が省けるため作業効率を大幅に向上できるため評判がいいです。

no.4

集めたデータを表計算ソフトへ

仕訳帳や元帳に入っているデータを別のソフトへ移せる会計ソフトは、会議やプレゼンの時の資料作りに大きく役立ちます。また表計算ソフトに移し、別で管理する方法も行えるので臨機応変な対応が可能です。

no.5

改ざんを防ぐことができる

元帳のデータを改ざんさせないように、監査が終われば自動的にロックされるシステムを持っている会計ソフトもあります。こうしたソフトを利用することできちんと管理することができ、安全性も確保出来るので経営者は安心できます。

経理業務を楽にするソフト

PCを操作する人

経理業務の効率化を行なう

経理業務は従来手作業で行われていました。今でも手作業で経理業務を行なっている企業もあるでしょう。しかし、業務が増えれば増えるほど時間と負担が大きくなります。このような状況が続けば経理が行えなくなってしまう可能性も出てくるのです。しかし、経理業務の作業を圧倒的に楽に出来る会計ソフトを導入すれば、今まで時間の掛かっていた経理業務も短縮することが出来ますし、社員の負担を減らすこともできるようになるのです。

個人業務の把握が可能

経理の作業で評価する部分としてどれだけ数をこなしたのかを重要視する企業が多いでしょう。しかし、経理業務を手作業を行なっていた場合はその件数の計算も時間のロスに繫がる可能性もあります。会計ソフトを使用すれば経理状況を把握することが簡単に行なえますし、自分の経理状況がわかるようになるのです。会計ソフトは仕訳帳にデータを入力するだけで自動的に計算してくれるので、反映されると同時にカウントされていきます。

転記とミスが圧倒的に減る

仕訳帳から元帳に計算した情報を写す転記作業は手書きの場合だとかなりの時間うを要します。また元帳に写す作業時に間違えてしまうと、どの部分から間違えているのかを探す時間も必要になるでしょう。会計ソフトは仕訳帳の計算から転記までの作業を一律で行い、また自動的に反映されるので写す作業が不要になります。また設定によって計算がおかしな場合エラー表示が出てくることもありますので、ミスを減らすことにも繫がるのです。

連動させて二重確認

会計ソフトの種類によっては他のソフトやアプリケーションと連動させることが出来ます。また連動が出来ない場合でもデータを表計算ソフトで使用することができるので、上司や他の誰かにチェックさせてミスをなくすことが可能になるのです。二重チェックは大事な経理業務において欠かせない作業になりますが、手書きと比べて会計ソフトで行なうチェックの場合には連動が出来るのですぐに行なうことができ、業務の時間短縮に繫がります。

セキュリティーが高い

手書きの経理業務の場合、誰かが元帳の情報を書き写したり、写真やコピーしたりすることが出来ます。それが出来てしまうと会社の情報が外部に漏れてしまう可能性が高くなるので問題なのです。しかし、コピーやデータの移動を行なう場合にパスワードが必要であったり特定の権限を持った人でなければ作業ができないようにする会計ソフトはセキュリティーとして高いと言えるでしょう。会計ソフトを導入して会社の情報をしっかりと守らなければいけません。

広告募集中